2011年07月24日

女子とはいったい何だろう?

今日、朝日新聞を読んでいたら、湊かなえさんのコラム「オトナになった女子たちへ」が目に留まりました。

最近、巷に氾濫する「女子」「男子」という文字。
成人前の男性、女性を指しているのではなく、立派な大人の男性・女性に用いられています。

湊さんの分析によると、「子」をつけることで、現代社会に疲れた大人の「男」や「女」が、元気でオシャレで活動的なイメージに変わるそうです。

「なるほど!」と思いました。
たしかに、「子」がつくだけで、いつまでも若々しく、前向きな印象です。
さらにチョッピリお茶目な感じもして微笑ましい。
私自身も、女子というには憚られる年齢ですが、「女子会しよう!」などと頻繁に使っています。
意識しなかったけれど、「子」をつけることで、「元気で、オシャレで、活動的」になりたいと思っていたのかもしれません。
年をとることを肯定的に捉えられない意識があるのかもしれないですね。
いつまでも「女子」気分でいたいなんて、本当の"成熟"とは程遠いってことかも…。

などといいつつ、来月「おばちゃま女子会」に初参加するのを心待ちにしていますicon06



  • 同じカテゴリー(男女共同参画)の記事画像
    震災と女性とくらし
    女性のための情報発信ナビ講座
    202030って何のこと?
    同じカテゴリー(男女共同参画)の記事
     震災と女性とくらし (2012-03-12 15:56)
     「認められたい」という気持ち (2011-10-07 08:22)
     親子の対話 (2011-10-02 20:52)
     女性のための情報発信ナビ講座 (2011-09-17 23:27)
     むさしのスカーレット・トークサロン (2011-09-12 20:23)
     映画上映会+監督と語る『THEダイエット!』 (2011-09-03 22:06)

    Posted by surlie  at 22:41 │Comments(0)男女共同参画

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    女子とはいったい何だろう?
      コメント(0)